Thumbsucker

こちらの商品はレターパックライト360円(ポスト投函/追跡サービス)での発送になります。
商品3500円、送料360円、計3860円

店舗併売品につき稀に品切れの場合がございます。その場合はキャンセルとさせていただきますので予めご了承ください。

※振込み手数料、支払手数料はお客様のご負担になります。
※レターパックプラス510円(対面受取/追跡サービス)を希望される場合はカートに入れる前にご連絡下さい。
※他の商品も購入される方は送料をあらためてお知らせ致しますので、支払う前にご連絡下さい。

古本:ヤケ有り

Mark Borthwick
Todd Cole
Takashi Homma
Ryan McGinley
Ed Templeton

マイク・ミルズの長編監督デビュー作の主人公、ジャスティン・コッブは17歳になってもまだ親指をしゃぶる癖があり、本人もやめたいと思っている。そして、キアヌ・リーヴス演じるニューエイジの歯科矯正医が施した催眠術療法により、ようやくやめられるようになるのだが、今度はそのことでジャスティンの人生と彼の家族はすっかりめちゃくちゃになってしまう。この本のタイトルのもとになっている映画の制作過程を記録した『Thumbsucker』は、これ自体が1つのアート作品で、タカシ・ホンマ、エド・テンプルトン、トッド・コール、マーク・ボースウィック、ライアン・マギンリーといった、流行の最先端を行く、世界的に有名な若い写真家たちの作品がぎっしり詰まっている。この本に記録されているアートシーンは、最近の因習破りのベストセラー『Beautiful Losers』で紹介されているものに酷似しているが、この本は、ロワーイーストサイドのアートな暮らしや社会生活をハリウッド経由で読者に伝えるものである。映画『Thumbsucker』が深く傷ついた若者や中年の人々を、あるがままにユーモアまじりに見せているのに対して、写真集『Thumbsucker』は、そういった映画の、胸を打ち、わくわくするような制作過程を舞台裏からあるがままに楽しく見せている。映画にも本にも登場するティルダ・スウィントンが、ヴィンセント・ドノフリオ、ベンジャミン・ブラット、ヴィンス・ヴォーンとともに序文を寄せている。


ペーパーバック: 144ページ
出版社: Distributed Art Pub Inc 2005/10/30
言語: 英語
ISBN-10: 0977061000
ISBN-13: 978-0977061006
寸法: 24.9 x 20.2 x 1.3 cm

¥ 3,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパックライト

    レターパックライト360円(ポスト投函/追跡サービス)

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価